Robert Chambers 教授のワークショップ・春

日々の授業、Term paper、修論のテーマで翻弄されつづけ、気付けば3月も後半。ペイパーのアイディアをリサーチフェローや友達に話すと、焦点がずれてて効率が悪くて説明が下手で伝わらないとヘコムことばかり。しかし寧ろ自分の英語力でもシンプルに力強く話せるくらいねらいを明確にしたらいいのだ。Struggling struggling struggling struggling struggling…それでも春は来る。

DSC_0198 (2)

続きを読む

広告

イギリス大学院留学記2016(到着~授業開始編)

9月中旬にイギリスへ到着してから2週間ほど。留学生むけのオリエンテーション(inductionという)や、IDSの顔合わせワークショップで足早に過ぎた。事務的なもの以外にも、いろいろな歓迎イベントが行われる「フレッシャーズウィーク」は、大学全体が浮き浮きした雰囲気。週の終わりの金曜日は、花火の歓迎があった。

図書館のわきにステージが立ち、芝生の斜面は、黒山のひとだかりという言葉がぴったりくるようなたくさんの学生。緊張と興奮の中にも焦りや混乱や、孤独を抱える新入生の心のひだを見透かして、ストレスの膿が溜まった所をさっと切り開くような、そしてこれから頑張れよ~というメッセージが込められた、スカッとする優しい花火に感じた。すごくサバサバと合理的かと思えば、とても優しかったり、派手に盛り立てる面があったりして、面白いなあと思う。

dsc_0375-1
続きを読む

Patience, Confidence, Fortitude.

悲しいことがあって、キャベツをやけ食いしている。キャベツ太郎じゃないよ。
いろいろな欠陥を抱えて、生きていく。

解の及ばないもどかしさ、悔しさ。同じ過ちを繰り返す愚かさ。もじもじして思考停止になる。手際が悪いのが大嫌いだからこんな時の自分大嫌いです。

さて先週土曜日は大阪某市ワークショップからの、東大阪でイベントからの、月曜の大阪南部での調査に備えて、泉佐野宿泊。新しくて素敵なホステルだった。

DSC_0287.JPG

続きを読む

Photo Workshop in Osaka

大阪にて、楢侑子さんの写真ワークショップに参加。

有名写真家の作品を見ながら、被写体とのコミュニケーションによってどんな風に写真が変わるかを観察。

それから、みんなで公園に移動して撮影会。まずはならさんと参加者のゆかさんを撮影してみた。

Narasan and Yukasan

楢さんいわく、写真は『shoot』とのこと 続きを読む