新卒で入った会社で貯めた500万円を10か月で使い切る魔法(サセックス大学留学情報つづき)

春学期も終わり私のイギリス大学院留学も終わりを迎えつつあります。6月末にいったん帰国して夏は日本で過ごす予定。そして表題のとおり9月に渡英してから、

新卒で入った会社で、3年かけて貯めた500万円を10か月でほぼ使い切りました。

 

そしてこの間、1円の収入もなく(これは将来バックがあることを願ってますが)、むしろ日本では住民税や年金の請求が来てマイナスだったり、そして9月には無職。

IMG-20170504-WA0004

 イギリスの暮らしはフラストレーションが多め。

 

辛くて家族や彼氏に泣きつくこともありました。ストレスで片頭痛が発生したこともありました。自分で選んだ道なのに情けなかった。

続きを読む

Adaptive Climbing Initiative

インクルーシブクライミング、パラクライミング、これまであまり触れることが無かった。日本だとモンキーマジックが視覚障害者のクライミングをけん引しているのは知っていたくらい。イギリスに来てからいろんな障害を持っている人がクライミングをしている姿を見たり、メディアで目にすることが増えた。

たとえばこれ、North Faceのビデオ。

続きを読む

Robert Chambers 教授のワークショップ・春

日々の授業、Term paper、修論のテーマで翻弄されつづけ、気付けば3月も後半。ペイパーのアイディアをリサーチフェローや友達に話すと、焦点がずれてて効率が悪くて説明が下手で伝わらないとヘコムことばかり。しかし寧ろ自分の英語力でもシンプルに力強く話せるくらいねらいを明確にしたらいいのだ。Struggling struggling struggling struggling struggling…それでも春は来る。

DSC_0198 (2)

続きを読む

Walking East Sussex – Beachy Head and Long Down

ブライトンに居る良い所のひとつに、たくさんの二次的自然に囲まれていて素敵なウォーキングトレイルが沢山あることだ。 Beachy Head and Long Downのルートはこの本で見つけたルート。ブライトンからバスで1時間半程度のトレイルへ。South Down国立公園の一部でナショナルトラストのビジターセンターがEastbourneの街の西側にある。

dsc_0141-3

続きを読む

Morocco trip; Tagin, Biscuit and Snow

11月の初めだった。仲良いクラスメートの2人が突然「冬休みに入ったらモロッコに行こう!」と言い出し、わたしも誘ってくれた。とても愛情のこもったモロッコ料理の本を愛読していたことや京都のjajouka(ジャジューカ)というモロッコ料理屋が大好きだったこともあり、かねてからモロッコは親しいものを感じていたため、モロッコという行先に特に疑問を持たず(というのも後々たくさんの人に聞かれてすこし珍しい旅行だということに気付いた)一番忙しい時期はモロッコを夢みてがんばった。

15591307_10153965385647391_4366861255525433772_o.jpg

続きを読む

ブライトンまちかど記

先日、前の職場アルパックのニュースレター(記念すべき200号!)に手記を掲載していただいたが、その内容をこちらにも転載したい。文字数カウントを間違えていて書きすぎてしまい、掲載版は大分削られているので、ココには初稿を載せておこうと思う。


2016年9月からイギリスのブライトン(Brighton)にあるサセックス(Sussex)大学の大学院に通っています。ブライトンは人口28万人、ロンドンから電車で1時間ほど南下した海岸沿いにあるビーチリゾートの街です。

dsc_0631-1

続きを読む