ブライトンまちかど記

先日、前の職場アルパックのニュースレター(記念すべき200号!)に手記を掲載していただいたが、その内容をこちらにも転載したい。文字数カウントを間違えていて書きすぎてしまい、掲載版は大分削られているので、ココには初稿を載せておこうと思う。


2016年9月からイギリスのブライトン(Brighton)にあるサセックス(Sussex)大学の大学院に通っています。ブライトンは人口28万人、ロンドンから電車で1時間ほど南下した海岸沿いにあるビーチリゾートの街です。

dsc_0631-1

出発前に「古い観光地だから、日本で言うと熱海みたいなものかな」とおっしゃった事情通の方がいましたが、鄙びた温泉街のような雰囲気もありながら、リゾート地の開放的で享楽的な空気に包まれているまち、というのが今の印象です。

ブライトンの歴史を少し紐解きましょう。はじめ漁村として発達したブライトンですが、1750年頃から海水浴を利用した療養地としてロンドンから患者が訪れるようになり、1840年に鉄道が開通してからは帝国随一のビーチリゾートとして繁栄しました。現在も海辺での休暇を求める国内外からの観光客を迎えており、天気の良い日の昼間はもちろんのこと、夜もクラブがオープンして大変賑やかです。まちの中心部にある建物の多くはRegencyスタイルと呼ばれる1820年代に建てられた歴史あるものだそうで、目を見張るような立派な建物に一般のアパートやパブが入っているのはヨーロッパならではでしょう。一方でメインのビーチには今年の初めに138mのタワーが開業し、観光地開発は今も進行中です。

photo-9

photo (8).JPG

一方で、ブライトンはイギリスのゲイ文化の中心地としても有名です。1830年代には既にゲイの出会いの場になり始め、20世紀にはその他のセクシャルマイノリティの間でも、広く知られる所になったそうです。8月にはヨーロッパ最大のゲイ・パレードが華やかに行われます。大学構内にもこの文化の影響が随所で見られ、たとえば一部のトイレは女性用・男性用に加えて、性別にかかわらず誰でも使えるオールジェンダー用の3種類の表示があります。写真はオールジェンダーのトイレですが、ピトグラムのひとつが半分スカートの「第3の性」になっているのがお分かりいただけるでしょうか。サセックス大学が国内きってのリベラルな大学と言われていることも頷けます。

photo-1

さらにブライトンが受け入れているのはセクシュアルマイノリティだけではありません。大きな大学が複数所在することもあり、住民は非常に多国籍で、移民も大勢住んでいます。多様な人々を歓迎し続け、今もまちがBright(キラキラ)なのは、古いものと新しいもの、構造と逸脱がミックスされた懐深い文化によるのではないかと感じています。

ただし、Brightが一文字違いのBlight(暗い影)になると意味が全く逆になってしまうように、華やかな文化の裏側に積もった歴史の重苦しさを感じることもしばしばあります。それを端的に示しているのがピア(Pier=桟橋)と呼ばれる遊園地やレストランの設置されたアミューズメント施設です。ブライトンのビーチにはイースト・ピアとウェスト・ピアの2つのピアがありますが、現在稼働しているのはイースト・ピアのみ。1860年代に建てられたウェスト・ピアは、1975年に経営難で放置され劣化が進んでいたところに火災が発生し、現在は骨組みだけが残っています。

photo (0).JPG

かつてはレジャーのまちのシンボルとして活躍したウェスト・ピア、その陽気なオバケを思わせる姿を見るたびに栄枯必衰の理を感じます。

イギリスでの生活はまだまだ始まったばかりです。今回触れられなかった大学院での教育もふくめ、また違った視点からの観察記録を何かの機会にお届けできたらと思います。


始まったばかりのイギリス生活も、あっと言う間に3か月が過ぎてしまった…この原稿を書いたのは1か月前なのに随分と昔のように感じる。悩みも多いけれど優しい人に巡り合いなんとかサバイブしています。

photo-2

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中