京都じまい:大阪➡伯耆大山➡湖東ボルダー

京都暮らしもあとわずか。改めていろいろとお誘い頂く機会が続いている。
28日は社内行事の所員交流会で、スライドショーのプレゼンターに指名をうけ、何でも好きなことをしゃべっていいというので、クライミングの話と10年のルームシェア生活の話を。

IMG_6942

クライミングの話は、これまで行った各地の写真とともに、クライミングと地域づくりへの活用も含めて喋らせてもらった。社長・副社長からバイトさんまで、これまで業務では関わりの無かった方と話すこともできたし、クライミングについて、登る人たちとローカル、そして岩(自然)、それぞれにハッピーなあり方があったらいいな、と考えていることが会社の人に伝えられたし、退職直前にこのようなチャンスを頂けてラッキーだった。

ルームシェアの話は終始ネタにしてしまった、というか普通に話してもネタになってしまう。吉田寮はやはり皆さんからの興味が尽きないということを再確認した。

IMG_6949-1

翌日は、会社の先輩と一緒に、山のぼりに伯耆大山へ。会社の人と山にいくとはOLらしいなぁとか思いつつ、高速の渋滞で小屋泊予定が狂い、念のため持参したちびテントに2人で寝ることになり、先輩にはサバイバルな感じで楽しかったという感想をいただいた。

私は寝袋に入ってからすぐに熟睡し、起きたら風邪が良くなっていた。自宅のベットよりよく寝られるのはなぜ。登山口は780m、三合目くらいまではブナの森でキラキラ。日本のブナ林はほんとうにきれいだ。

DSC_0816DSC_0834

山頂は風が強くて寒くても、天気は最高。もやがかかって眺望は無かったのが残念。

DSC_082720160501185917

下山後は温泉+アイスでフィニ。ふもとの温泉郷はシーズンが早いこともあって寂しい感じだが、mont-bellの立派なお店があり、登山客の立ち寄りスポットになっていた。そういえば、山を登っている間も、アパレルと靴はmont-bellシェア率がかなり高い印象だった。国内ブランドの強さなのか、中高年層が圧倒的に多いからか。

20160501191042

翌日は、京大wallerと滋賀の里山へボルダリング。
暑い。先週来のハードな移動で、昼過ぎまでほとんど寝てた。

夕方は山のエリアへ。トライしたかったクラックのボルダーは全然できなくてしょんぼり。フィンガージャムと足の連係がよくわからない。フィンガークラックで指を痛めつけただけだった。隣にあるモコモコした面が特徴のフェイスを登って帰宅。

DSC_0835.JPGDSC_0850

写真のクライマーはいずれもコマイさん。

GW後半は雨が心配…(まだ遊ぶ!)

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中