Making Decision is Fun : マスターカム手入れしてみよう編

今日は高槻市、摂津峡周辺にてハイキングのイベント。スタッフ入れて約60名、このくらいの規模かつ一般募集のイベントを、主担当するのは初めて。

DSC_0260.JPG

トラブルもあったが、参加者の評判は上々で、大きな事故もクレームもなく、モデル事業としてはスレスレ及第点…かな…汗

さて、帰ってからは先週来気になってたマスターカムのお掃除。以前はギアの保管をパートナーに任せてたこともあり、手入れについても無知だったが、最近少し興味があります。

DSC_0270

マスターカム黄色、2年半の時を経て引いたら、めちゃかたい上に、てんでんばらばらに動くし、戻らない…写真のような「首かしげ状態」に。

 代理店にメンテお願いも考えたが、よくあるトラブルみたいなので、自分で手入れしてみよう!ということで近所のアヤハディオでお買い物。

DSC_0268

★その1  汚れを落とす①

自転車メンテナンス用の市販のサビ落としを吹きかけて15分放置。ホコリの汚れ、サビを落とす。細かい部分もブラシを使って塗布。

DSC_0271

★その2  汚れを落とす②

油落としの洗剤(食器用)で洗浄。水温が低いので、45度くらいのぬるま湯を利用。お風呂だよ~!

この時点で動きは随分スムーズになっている。あれ…でもよく見ると軸、曲がってる?

DSC_0273.JPG

左側が作業中の黄色。右のんと比べて、軸が斜めってるうえに、若干ツイストしてる…大丈夫かしら…

 

★その3  乾燥①

よく乾かす。

DSC_0274

 

★その4  潤滑剤の塗布

呉工業のシリコンスプレーを歯と歯の間の可動部に塗布。556より液ダレが少ないとか。無駄な油はアルコールティッシュで拭き取る。

マスターカムは1軸構造なので、カムのバネ部分だけじゃなく軸部にも塗布する必要があるらしい。

よく見ると、意外に傷ついている。こんな小さいものにぶら下がっているとは…

DSC_0275

★その5  乾燥②

よく乾かす。

 

これで工程は終了!動きは見違えるばかりに良くなった。軸、曲がってるけど…

これどうなんだろう?と思いつつカチャカチャしてたら、1枚の歯が1度だけ「首かしげ状態」に。そのあともずっとカチャカチャしてみたが、同じムーブは繰り出せなかった。

これはプロのメンテナンスをお願いすべきかもしれん…

Screenshot_2016-01-16-20-32-20

Web広告、ひたすら556。

 

参考:iron日記  http://crazyjam.exblog.jp/tags/%E3%82%AB%E3%83%A0/

Special Thanks:Kさん、Kじり

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中